recruit

Ambition

事業企画本部

Okada Hideaki

「農業の可能性を切り開いていく!」

社員紹介

「農業の可能性を切り開いていく!」

事業企画本部

Okada Hideaki

仕事内容は?

私たち事業企画部は、農園事業や人材事業、あるいはそれらに対して私たち自身でやってきた集客のノウハウを活かして、パッケージ化されている商品からされていないものについてもニーズに合わせて事業化し、提案していく部署です。
お客様は主に自治体様と法人様の2つ。自治体様に対しては道の駅や農産物直売所、農業公園を活性化する提案をしたり、施設の管理運営受託をしたりしております。また、法人様に対しては、農園開設や農業参入のコンサルティングや、既存施設の活性化のコンサルティング、農業関連のイベントの企画などを行っています。
会社内でも扱う領域が特に広い部署であり、業務を行っていくためには、社外の方たちに対する提案力や調整力はもちろん、社内についても会社の強みや別部署で新しく始めたこと等を正しく知っている必要があります。
よって、事業企画部はアグリメディアの中で一番会社に詳しい集団である、と言えると思います。

仕事のやりがいはなんですか?

農業分野で新しい事を色々と仕掛けているアグリメディアにおいて、その最前線で仕事ができることです。それは既存の仕組みでは解決できない事に対して、ベンチャー企業として外部から新しいことを提案したり、自分たち自身で新しい事を仕掛けることでもあります。
建設コンサルタント出身の私は、前職では規定の枠組みの中で、問題がなんとなく見えていながらも新しい事が出来ないことにジレンマを抱えていましたが、アグリメディアでは自治体様に対して新しい事をやっている存在として、規定とは異なる形で物事にアプローチすることができます。
そして、仕事の中で建設コンサルタントの企業様と協業したり、提携したりすることもあります。
元々まちづくりや地域活性に興味があった自分にとってはそれが何よりも楽しく、やりがいを感じることです。

今後やりたいことは?

ベンチャー企業ということもあり、関東を中心に展開してきましたが、今後はよりダイナミックに、全国に拡大して世の中にインパクトを出していきたいと思っています。
そのためにも収益性が高く、地方にお金が落ちる事業を企画し、農業を通して日本を元気にしていくことに貢献していきたいと思っています。

どんな会社ですか?

アグリメディアは農業系ベンチャー企業です。
新しい分野ですので、「これが業界のやりかた」という正解の無い世界です。どんな分野でも、その分野が定着するかどうかは、パイオニアの頑張り次第だと思います。アグリメディアは日本の都市住人と農業を繋ぐ事を理念としたベンチャー企業ですので、その分野が定着するかどうかはアグリメディアにいる私たち自身にかかっていると思います。
そんな中でアグリメディアは、社員の年齢が全体的に若く、オフィスは他部署と境界がなく適宜他部署の人に相談に行けるなど、非縦割りの風通しの良い社風です。
年齢も若い方が多く、もちろんビジネスマンとして最低限の礼儀は必要ですが、年齢が発言力に直接影響するようなことのない、非常にフラットな組織です。
業界、会社とともに自分たち自身も成長できる環境が整っている、それがアグリメディアだと思います。

入社を希望される方へメッセージをお願いします。

アグリメディアでの仕事には「ワクワク」があります。
成熟した日本の社会においては、仕事は決められたことをこなす業務遂行能力が求められる一方で、「何のために仕事をするのか」と考えてしまうなど、心が置き去りになってしまう事もあるかと思います。
私はアグリメディアでの仕事は、もちろん地域やコミュニティ、緑地保全など意義を見出しているものはありますが、一番はそういったものを背景に主体的に働けることを「楽しい」と思っています。
仕事にワクワクしたい皆さん、あなたが主体的に働ける楽しさをアグリメディアに見い出せたときは、ぜひ一緒に働きましょう!

上へ