recruit

Ambition

農園事業本部

Miwa Takuya

「郊外農地の活用モデルをつくりたい」

社員紹介

「郊外農地の活用モデルをつくりたい」

農園事業本部

Miwa Takuya

仕事内容は?

広域チーム長として、アグリパーク伊勢原、里山シェア大井松田、シェア畑関西エリアなどの広域エリア農園の統括をしています。貸農園の他、アグリパークではBBQや収穫体験の企画・運営、里山シェアでは農業体験イベントの企画・運営を行います。また、全農園の年間の栽培スケジュールや作付けプランなど栽培に関する資料作成も行っています。最近では、法人契約が増え始め、お客様のニーズに合わせた新しい提案なども積極的に進めています。

仕事のやりがいはなんですか?

農業や家庭菜園などの野菜づくりが身近に感じられるよう、様々な視点でお客様のニーズにあったサービスを提供したり、そのしくみづくりができることがやりがいです。
私はもともと東京農業大学で自然と人のつながりを幅広く勉強していました。屋上庭園などの都市緑化が専門だったのですがしだいに「つくりだす緑」ではなく「いまある緑」を生かすことに興味を持つようになりました。きっかけは沖縄のサトウキビ刈りに行ったときです。そこでは豊かな自然の中に暮らし、農業者や旅人、多様な生き方をしている人が集い、交流していました。農業の魅力や課題も見えてきました。こういった場や機会づくりをしたいと強く思いました。
例えば、アグリパーク伊勢原ではバーベキューに野菜の収穫体験がついています。バーベキューを楽しみに来たお客様の中には野菜に興味のなかった方もたくさん来ます。その方々が野菜の収穫を初めてした時の感動や、リピータ―となって季節を変えて収穫物が変わるのを楽しみにしてくれるようになったときなどとてもやりがいを感じます。

今後やりたいことは?

現在の業務で、郊外農地を活用した新たなしくみづくりを行っています。課題はまだまだあるのですが、郊外農地活用として、ここでモデルをつくりたいと考えています。いずれは、もともと農山村などの地方に興味があったこともあり、より地方の農地の活用法を探りたいとも思っています。
また、私は過去に千葉で農業をしていた経験もあり、栽培関連の業務もあるのですが、全60農園以上の地域で、素晴らしいキャリアをもつ150名以上のスタッフが野菜づくりを指導しています。その経験や知識などを取りまとめ、初心者向けに野菜づくりが、よりわかりやすく身近になるようなサービスを提供していきたいです。

どんな会社ですか?

私にとって初めてやることが多い職場ですが、とてもやりやすい環境だと感じています。自分で聞かないと誰も教えてくれないのですが、組織も割とフラットですし、ある意味で自分が主張しないと生きてこない職場です。その分、機能性があり、何かを実現するスピードが速いと思います。社員も農業分野経験者が多いわけでもなく、多様な経験をしてきた皆さんと毎日ディスカッションをして、実行していくとても刺激的な会社です。

入社を希望される方へメッセージをお願いします。

自分で考え、行動し、実現できるまでが非常に速い会社です。農業分野は後継者不足、高齢化、グローバル化など様々な状況の中で、普遍的な分野であり続けるために、時代に対応した変化が必要な時期にきていると思います。 そんな中、一緒に考え、各人が主体的に実行し、農業の新しいしくみをどんどんつくっていきましょう。

上へ