recruit

Ambition

農園運営部

Hosokawa Yukiharu

「“儲け続ける!”21世紀のあるべき農業界を創る」

社員紹介

「“儲け続ける!”21世紀のあるべき農業界を創る」

農園運営部

Hosokawa Yukiharu

仕事内容は?

サポート付市民農園シェア畑の運営部門にてチーム長をしています。
具体的には、
1 神奈川にあるシェア畑5農園のマネージャー
2 事務業務の統括
3 マネージャー3名のマネジメント
を任せていただいてます。 私の担当農園は100区画以上の利用者がいる大型農園がほとんどで、各農園2~4名のアドバイザーが在籍しています。私自身は畑では出来ない契約手続きや、アドバイザーが働きやすい環境を整えることで、結果、お客様が野菜づくりを楽しんでいただけるようなシェア畑になるよう意識しております。
事務業務は表にはあまりでてきませんが、契約書の入力や管理、農園に掲示するPOP準備などです。作業工程を逐一見直し、効率的に業務できるように、段取り、関係者のスケジュール確認と調整、オペレーション改善などを一緒にすすめています。
農園マネージャーは、20代が多く、社会人経歴も様々です。マネージャー別で農園の動きがバラバラにならないようベクトルを合わせ、相談があれば応えるようにしています。
偉そうに書いていますが、私自身がまだまだ満足できるようなレベルに達していないので、日々、もがきながら試行錯誤ばかりしています。

仕事のやりがいはなんですか?

自分なりに考えて行動した結果が、成果につながった瞬間です。
事細かに業務指示があるわけではないので、自分の創意工夫次第で結果は大きく変わってきます。裁量が大きいということは、反面、責任を負うことの裏返しでもありますから、自分のつくる数字については意識を常に置いています。
正直、失敗することの方が多いのですが、だからこそそれが成果につながったときには強いやりがいを感じます。

今後やりたいことは?

私の経歴を少し話しますと、お茶農家に生まれた三男坊で、前職では、小さな八百屋の会社で数年修行しまして、青果流通の川上から川下を一気通貫で経験させて頂きました。自分が経営者になったつもりで仕事に打ち込んでいました。事業を創ることに興味を持って勤め始めましたが、家庭の事情もあり転職を決意し、縁あってアグリメディアに入社しました。
シェア畑の拡大期に入社したこともあり、1→10の経験は積めてきましたので、0→1の苦しみを味わいたいです。新規事業の企画は今大事に温めている最中ですが、農業界にプラスのでっかいインパクトを与える事業を展開したいですね。

どんな会社ですか?

いいなと思う点:
自分の意見を臆せず言える、ポジティブ志向の人間が多い、私服勤務、スピード感がある、
共働きでも働くことに理解がある

悪いと思う点:
お酒を飲みすぎる人間が多い、定例と言いつつフットサルが毎月ない、スピード重視でミスが多い、昼ご飯の選択肢が限られる

入社を希望される方へメッセージをお願いします。

農業の会社ではありますが、必ずしも全員が農業に携わってきたわけではありません。
農業に関わってきた経験の有無よりも、会社の理念に共感できる方が参画していただけたらと思います。まだまだ小さな会社で大企業と比較して、正直、仕組みが出来ていないところが多いです。手取り足取りで教えていけるステージにはまだ到達しておりません。ですから、主体的に考えて、どんどん仕組みを創っていただける方、各種課題が頻発するなかで前向きに仕事に取り組んでいただける方、物事の本質を見極める深い思考力がある方が今の当社には向いているかと思います。

上へ