recruit

Ambition

農園運営部

Horiguchi Naoto

「人も畑も土作りから。肥沃な土壌で成長を狙う。」

社員紹介

「人も畑も土作りから。肥沃な土壌で成長を狙う。」

農園運営部

Horiguchi Naoto

仕事内容は?

農園マネージャーという仕事をしており、主に埼玉エリア周辺のシェア畑・体験農園を担当しています。具体的には、担当農園における顧客分析、営業戦略策定、売上管理や、菜園アドバイザーという栽培経験豊富なスタッフの勤怠管理をし、日々、農園のより良い運営管理のために業務に勤しんでいます。ただ、もちろんルーチンワークだけをやっていればいいわけではなく、農園はどんどん増えますし、さらなる成長のためには新たな取り組みを次々に取り組む必要があります。例えば、シェア畑川口という農園では開園当初から今に至るまで担当しておりますが、開園時には広告手配、採用活動、区画整備作業などを行い、運営が軌道に乗るまでは会社と現場を行ったり来たりしていました。また、この時は新たな商品企画「こども畑」を販売開始し、それまで主流だった1区画6~10㎡の商品を思い切って半分にし、よりお手軽お手頃に畑を始められる商品を設計しました。これは、今では川口農園に限らず、他の農園でも取り入れられています。文字にすれば簡単に聞こえるかもしれませんが、実際にやってみると仕事の幅が非常に広く、社内で数字を一生懸命追うこともあれば、畑で土を耕し汗を流すこともあります(笑)

仕事のやりがいはなんですか?

やりがいの多い仕事ですが、最近では担当農園の菜園アドバイザーが生き生きと働かれる姿を見た時に、大きなやりがいを感じます。菜園アドバイザーはそれまで第一線で働かれてきたアクティブシニア層が多く、そのごもっともな考え方やご意見には、マネジメントしているのかされているのか、分からなくなることがしばしばあります。そんな方々ときちんと向き合うのは中々骨が折れることが多く、この仕事の大きな特徴でもあります。そうした中で、素直な気持ちを忘れず耳を傾ける姿勢を持ち続けることは、菜園アドバイザーとの信頼関係を構築する上ではなくてはならない姿勢です。少数精鋭の世界なので、関係作りが上手くいかないと、その後の運営に大きな支障をきたします。大変なこともたくさんありますが、自分の父より年上の方々に「採用してくれてありがとう」「こんなに夢の溢れる職場はないよ」などと言っていただくことも少なくなく、きらきら輝きながら一生懸命仕事をされるその姿に、私の仕事のやりがいがあります。

今後やりたいことは?

従業員満足度向上施策をどんどん打ち出していきたいです。お客様にご満足いただくためには、まずは菜園アドバイザーの於かれる職場環境をより良いものにすることが大切だと考えています。畑で働くというのはかなり大変で、お客様にとって便利なサービスを提供する反面、菜園アドバイザーにとっては「夏は暑くて冬は寒い」という不便な環境の中でご勤務いただいています。そんな中でも多くの方が前向きに働かれてはいるのですが、モチベーションの上がり下がりは人それぞれですので、意識の均一化を図るにはより良い職場環境や制度を提供することが先決です。お客様に農園をより楽しんでいただくために、菜園アドバイザーのやりがいを生み出す仕組みづくりを進めていきたいです。

どんな会社ですか?

社員の成長を精一杯あと押ししてくれる、パワーのある会社です。なぜ私がこの職場に居られるのか分からないほど、何処を見渡しても優秀な方が多く、毎日引っ張りあげられる気持ちで仕事をしています。ベンチャー企業ということで、景色が目まぐるしく変わることが多いですが、全社員本気で仕事をしているので、仕事をする上では当たり前だと思いますが、誰しも一生懸命なので一緒に働いていてとても心地がいいです。ただ、オンオフは本当にしっかりつけられる会社でもあるので、休憩時間や仕事終わりは笑いが絶えない、仲のいい職場です。個人的には、かなりプライベートな相談事にも乗ってもらってます(笑)

入社を希望される方へメッセージをお願いします。

実は私自身、社会人経験自体がまだ3年目で、至らない点が本当に多く、日々悩み、落ち込みながら、その都度何とか立ち直り、前に進んでいます。それでも周りを見れば気後れする毎日で、進み具合が見えなくなることもありますが、何故この仕事を続けているかというと、ひとえに楽しいからです。ここまではあえて農業への興味について触れませんでしたが、正直なところ私には栽培知識が全くなく、農業に対する興味さえも、特に人一倍あったわけではありません。とにかく成長したいという気概と、ここでなら成長できるという確信があって入社を決意しました。結果としてはこの通りで、もちろんレベルはまだまだ低いですが、こうなりたいと思える理想像がそこら中に転がっていて、私にとってこの職場は宝の山です。結論が後に回りましたが、入社を希望される方へ何が言いたいのかというと、この会社は胸を張って勧められるということです。まだまだ発展途上ですが、ぜひ、一緒に前に進めていきましょう!

上へ