recruit

Ambition

事業企画部

Hayamizu Shohei

「地方自治体を巻き込んで、地域活性をしたい」

社員紹介

「地方自治体を巻き込んで、地域活性をしたい」

事業企画部

Hayamizu Shohei

仕事内容は?

現在、メインにやっているのは、地方自治体に対して、農園や公園等の管理受託提案を行っています。行政の方との仕事であるので、法律的な相談や手続きの確認などもありますが、「地域の魅力を活かして、農業を活性化したい」「いまある施設のリニューアル魅力アップをしたい」というような考えや想いを持っているご担当の方に対して、当社のサービスを説明し、個別の状況に合わせて提案を行っています。既存の施設のリニューアルの相談については、当社のサービスの導入を提案したり、新規の施設の検討の相談については、計画的にどのような施設をいれるべきか、その施設の収支が成り立つのか、等の提案をしたりしています。

仕事のやりがいはなんですか?

主体的に、仕事ができることです。社内外問わず、物事を進めていく仕事になるので、調整や連絡、相談をしつつ、スピード感をもって仕事をしています。また、私自身が大学で、建築や都市計画を勉強していきましたが、そこで勉強したことを生かして仕事ができていると感じています。先日、学生時代にインターンをしていた部署の方と5年ぶりにお会いして、仕事の話をいただいた際は、非常にうれしく思いました。

今後やりたいことは?

より地方の農地や地方自治体でビジネスモデルをつくることをやりたいと考えています。現在、月に数十件ほど、農地や遊休地の相談が当社に来ておりますが、その大半は、あまりにも郊外の土地で、現在の状況では、遊休農地・遊休地を再生する方法を提案し切れていない状況です。現在行っている日帰りの農園サービスですと、商圏も限られ、見渡す限り田園地帯の場所だと、農地の所有者の方や、自治体の方が地域おこしをやろうとしても、上手くいかない現状があります。一方、田園地帯の場所の方が、「農地をなんとかしたい」「地域活性を行いたい」等について、ニーズがあると思います。

どんな会社ですか?

関係者の多いベンチャーの会社だと思います。私の行っている仕事に限らず、農園サービスについては、農園の利用者、農園で勤務している野菜作りを教えるアドバイザー、農園を開設するにあたっての農地所有者の方や、自治体の関係者の方等、関係者が多い会社だと思います。例として、友人の働いているITのベンチャー会社ですと、営業チーム、エンジニアチーム、総務チーム、等、わかりやすく部署が分かれていますが、当社ですと、元々、関係者が多いですし、農業×ベンチャーの会社が非常に少ないため、各自治体や大手企業からの相談も多いです。その中で、課題を解決する、人や物事を動かしている力が求められていると感じています。

入社を希望される方へメッセージをお願いします。

私自身もそうでしたが、農業経験は、必須ではありませんし、異業種からの転職の方がほとんどです。「農業に興味がある」「やっているサービスに興味がある」という方からのご応募お待ちしております。

上へ