recruit

Ambition

キャリア事業本部

Haruyama Kohsuke

「新しい出会いやきっかけを提供することで農業の可能性はもっと広がる」

社員紹介

「新しい出会いやきっかけを提供することで農業の可能性はもっと広がる」

キャリア事業本部

Haruyama Kohsuke

仕事内容は?

農業特化型の求人サイト「あぐりナビ」のキャリアアドバイザーとして、農業分野における人材紹介を行っています。具体的には、「あぐりナビ」に登録する学生や転職希望者を、人手不足に悩んでいる農家や自治体に紹介して、希望にあった仕事に就くまでをサポートしています。前職では割と規模が大きな農業機械メーカーに勤めており、自社製品の営業や修理を行っていました。あるときにふと「農業に関わる仕事をしていながらも、そもそもこの製品を使う人がいなければ意味がない。どんなに良い製品を生産しても根本的な解決にはならず、このままだと農業の発展には繋がらないのでは」と考えるようになり、若いうちにベクトルを変えて他のことにチャレンジしてみようと転職を決意しました。
その農業機械メーカーも含め、これまで学生時代からサマーキャンプや農業ボランティア、また、国内農業研修やスイスでの海外農業研修など、様々な業種での農業経験があるので、今の仕事ではそれを生かして、求職者の方々にはなるべく現場の臨場感を伝えられるように心がけています。

仕事のやりがいはなんですか?

人材紹介ビジネスはKPI管理が大切で、それが直接収益に繋がるモデルなので、自分の数字目標を達成できたときは大きな達成感が生まれます。これまでセールス経験がなかったので、最初は言葉の使い方を学ぶところからスタートし、とても苦労しました。入社当初は「役に立たなきゃ」、「戦力にならなきゃ」という思考でしたが、今ではチームメンバーの一員として、会社をもっと大きくするために自分が頑張らなくては、という責任感を持つようになりました。また、当社が農業人材サービスのパイオニア的存在で、マーケットそのものをつくっているようなものなので、日々市場が拡大している面白さを感じながら仕事に取り組んでいます。

今後やりたいことは?

現在は野菜・果樹・稲作・花卉など畜産以外の業種を希望する求職者様と事業所様を担当していますが、今後は仕事の幅をもっと広げて、自分自身がこれまで養豚農家や肉牛農家などで勤めてきた経験もあることから、今後は畜産分野での人材紹介にもチャレンジしたいです。その理由の一つとして、市民農園やフルーツ狩りなどが注目されている一方、今の子供たちは畜産と触れ合える機会が極端に少ないのではないかと危惧していることがあります。私自身、幼少期に農業と触れ合える環境があったからこそ興味を持つことができ現在に至るので、子供たちが畜産業に興味を持つきっかけを多く作れたらいいなと思っています。何かきっかけさえあれば、それが将来の夢や就職を考える時の糧となって、たとえ農業以外の分野であったとしも、より可能性を広げられるのではないか思っています。もちろんその中に畜産という選択肢を考えてくれる方が一人でも多くいれば嬉しいです。そのため、自分が主体的に畜産に触れ合う機会を提供することで、畜産業に注目する若い世代を増やしていきたいです。

どんな会社ですか?

会社の歴史、メンバーの年齢層、どちらも若い会社です。年功序列ではないので若い人が主体となって、何事も柔軟に取り組んでいます。休みも比較的取りやすいのではないかと感じています。当然、自分の抱えるタスクに対しての責任は持つ必要がありますが、その範囲内においては非常に融通が効くと思います。
社内の雰囲気は、自分のデスクの周囲はユーモアに溢れていて、話しやすいメンバーが多いです。真面目な顔つきで仕事をしているかと思いきや、急に冗談を投げてきたりなど、普段からコミュニケーションが取りやすいので、仕事に関するアイデアや意見も発言しやすい環境です。上司も親身になって話を聞いてくれる方で、とても和気あいあいとしているチームです。

入社を希望される方へメッセージをお願いします。

日本の農業界の課題解決のために強い想いでコミットしてもらえるような方に是非加わってほしいなと思います。会社的には、農業を潔くビジネスと捉えて一緒に会社を大きくしていけるようなメンバーを求めていると感じますが、どちらもベクトルは同じで、会社が大きくなることが農業の発展に繋がっていくと思っています。あぐりナビに登録していただく求職者の方、働いてくれる人を探してくれる全国の農家さんたちのどちらに対しても、“会話”が大切な要素なので、人と話すのが好きな人、コミュニケーションに長けていて、両者の想いやニーズ、抱えている課題を汲み取って頂ける方と一緒に農業界を盛り上げていきたいです。

上へ