news

猛暑に伴う「シェア畑」での安全対策について

連日の日本列島の気温40度前後におよぶ猛暑について、7月23日の気象庁による臨時記者会見で「命に危険がある暑さ」として対策が呼びかけられました。

これをうけ、当社が運営するサポート付き市民農園「シェア畑」では、利用者の皆様、また農園で勤務するスタッフの安全を考慮し、以下の対策を講じることとしました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【猛暑に伴う「シェア畑」運営の臨時措置】
・暑さのピークとなる11:00~16:00は、利用者の方の来園を控えていただく ※来園を禁止するものではないが、できる限り同時間を避けてご利用いただく
・同時間帯は菜園アドバイザー(農園スタッフ)も出勤をしないこととする ※既に出勤予定となっているシフトについても出勤を取り止める
・適用期間は、明日以降順次調整をして7月30日(月)には体制を整え、8月19日(日)まで臨時の運営体制とする ※状況に応じて延長する可能性あり
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

利用者の方々には多大なご迷惑をおかけしますが、今後も安全にシェア畑での野菜づくりを楽しんでいただくために、期間内は臨時の運営体制となることをご了承ください。
上へ