事例

小田急電鉄株式会社様(シェア畑 座間)

小田急電鉄の社宅跡地の場所のリニューアルに際して、まちづくりの一貫として、農園と飲食店を当社が運営している。駅前に人を集める一つの方法として、元々駐車場であった場所を農園として、団地の1階のスペースをカフェにしている。農園については、当社で60カ所以上展開しているシェア畑のサービスを実施し、近隣・沿線住民にご利用いただいている。カフェスペースについては、農業者と共同経営を行っており、農業者や当社で栽培した有機野菜を用いて、野菜を中心とした健康的なメニューを提供している。

シェア畑 座間

地域との連携

駅前という立地も活かして、団地内の広場スペースで年1〜2回イベントを行っている。

上へ