事例

清川村様(道の駅清川)

運営と集客に課題があった道の駅において、当社の直売所の運営実績、WEBやSNSの活用による集客力を活かし、収益の改善に取り組みました。

道の駅清川

2017年の春、ホームページを見た当社が清川村に連絡を入れたことから、村と当社の関係が始まりました。
道の駅については、集客に苦戦するのはもちろん、午前中で野菜のほとんどが売り切れた後は再入荷されず、観光客が来ても買うものが無い状態になっているなど、運営面にも課題を抱えている状態でした。
それらをヒアリングした上で提案書を作成した当社がその翌年からの指定管理業者に選定されました。

飲食スペースの新設

当社はまず、それまで飲食スペースの無かった施設内に清川村産の肉や野菜を使った料理を提供する食事処を設置しました。「恵水キッチン」と名付けられた飲食スペースでは、清川村のブランド豚の料理を「恵水ポーク丼(メグドン)」、「恵水ポークコロッケ(メグコロ)」と親しみやすい名称で販売し、好評を得ております。

道の駅清川
道の駅清川

集客支援

自社のテクノロジー&デザインチームにて、ホームページや、チラシ、ポスター、看板や暖簾など作成しました。
デザイン性の高くSEO対策も考慮したホームページと、SNSの活用で、集客の支援を行います。
これらのツール作成により、道の駅の立寄り率は大幅に向上。リニューアルオープン初日の2018年4月1日は、道の駅清川の過去最高の売上を記録しました。

道の駅清川

コンサルティング・運営受託などお問い合わせ

上へ