事例

一般社団法人柏市まちづくり公社様
(収穫体験付BBQ&農家食堂(あけぼの山農業公園))

千葉県柏市にある「あけぼの山農業公園」は広さ約16ha、全体を歩くと1.5 時間もかかる広大な農業公園です。
既存の飲食施設やバーベキュー施設を活かして公園全体の発展と活性化することを目的にBBQ場と食堂の管理運営業務を受託しました。
そして2017年4月、公園の食堂施設は「農家食堂」と「ベジQ」としてリニューアルオープンしました。

収穫体験付BBQ&農家食堂(あけぼの山農業公園)

収穫体験と地産地消のメニュー

地元と連携した施設として公園の集客と地域の活性化のお手伝いをさせていただいております。
農家食堂では「野菜ゴロゴロカレー」など、地元農家産の野菜を使用した料理をメニューに登場させました。また、「自分で採ってそのまま食べる」を合言葉に、お客様自身に収穫していただいた野菜と地元の野菜を中心としたバーベキューである「ベジQ」を開始。収穫体験においては、ベジQ専用農園のみならず、周辺農家の協力を得た収穫体験も行っております。
元々200本の桜、300本のアジサイ、2.2haのコスモスなど、花を観賞できる公園としてシーズン中は多くの来園でにぎわう「あけぼの山農業公園」。そこにさらに農業公園として収穫体験、収穫体験付BBQ場、地元農産物を生かした農家食堂、を当社がサービスとして提供することで、より多くの人が訪れることを目指しています。

収穫体験付BBQ&農家食堂(あけぼの山農業公園)
上へ