事例

神奈川県伊勢原市農業振興課様(アグリパーク伊勢原)

アグリパーク伊勢原は、15,000㎡という広大な敷地の中に、市民農園整備促進法を利用して整備した駐車場約30台分、管理用の建物と広場スペースが付帯されている施設です。 国の補助金も利用して市が整備を行い開園されましたが、農園の利用者数がなかなか増えない中で、農林水産省様からのご紹介で、公募手続きを経て、2016年春より当社が指定管理者となりました。管理受託後、当社は郊外の新しいタイプの農園としての整備を進めました。

アグリパーク伊勢原

郊外型の農園のご提案

まず私たちは当社で野菜のお世話をお手伝いするプランを用意し、「毎週来園しなければならない」という負担を減らすことで、農園に通う事を気楽に楽しめるものにしました。
広場には動物とのふれあいスペースを設けることで農園自体の魅力を高めるとともに、季節に合わせた農業イベントの開催や東丹沢七沢温泉郷の温泉施設と提携して利用者が割引で温泉を楽しめるようにするなど、旅行感覚で農園に来ることができる環境を整えていきました。
また、野菜の収穫体験や、収穫体験付バーベキュー場を設置することで、より多くの方が、訪れる施設となっています。

アグリパーク伊勢原
アグリパーク伊勢原
アグリパーク伊勢原
上へ